2010年 06月 16日

菅首相、就任6日でスピードお国入り 生まれ故郷の山口・宇部(産経新聞)

 菅直人首相は13日、生まれ故郷の山口県宇部市を訪れた。就任6日目の帰郷は歴代首相の中でも異例の早さだ。

 首相は衆院東京18区選出だが、同市で高校時代の途中まで過ごした。恩師のお見舞いや知人との懇親会のほか、民主党県連幹部との会合にも出席。プライベートと選挙活動を兼ねた帰郷だったようだ。首相は幕末の長州藩士、高杉晋作にちなんで内閣を「奇兵隊内閣」と命名するなど、郷里への思い入れは深い。会合には同県に滞在中の民主党最大の支持団体、連合の古賀伸明会長も駆けつけた。

【関連記事】
谷亮子ショック!? 小沢系タレント候補、無援地獄
財政健全化へ早期結論を 与野党協議で玄葉氏
「枝野流政治」とは?その神髄を早く見せろ
口蹄疫 「国家的危機」との闘い
「菅政権も日米同盟重視」岡田外相が強調
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

郵政法案、臨時国会で成立を=前原国交相(時事通信)
混雑区間は有料継続も=高速道無料化で―前原国交相(時事通信)
八街強殺放火で男起訴、15歳長女を家裁送致(読売新聞)
参院選 守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
iBooks用日本語書籍を公開(時事通信)
[PR]

by w3nuhpjh26 | 2010-06-16 15:40


     なぜテレビは面白いのか? 放送... >>